られない
働き方
プロジェクト

「誰一人取り残さないペーパーレス化」で業務改善、
そして紙に縛られない柔軟な働き方の実現へ

ハイブリッドワークの広がりや、デジタル庁の発足など、
業務デジタル化の機運は着実に高まっています。

しかし、ビジネスパーソンの約32%が紙書類の処理のために年間120時間以上を費やし、テレワークを実施する人の約85%が紙書類を理由に出社した経験があるなど、
紙に縛られた働き方を余儀なくされています。

  • ビジネスパーソン1,000名を対象に実施した紙と働き方に関する調査より(ラクス調べ)

本気のペーパーレス化に取り組み
"生産性向上""紙に縛られない働き方"の実現へ

今までの「当たり前」
紙に縛られた働き方
  • ペーパーレス化は一部の組織だけ…
  • 紙がないと仕事が進まない…
  • 紙があるから出社は必要…
これからの「当たり前」
紙に縛られない働き方
  • ペーパーレス化=どの組織もできる
  • 紙がないから仕事がスムーズ
  • 紙のための出社は不要

賛同企業・団体

「紙に縛られない働き方プロジェクト」では、賛同企業の皆さまと共に
ペーパーレス化を推進し、企業の「生産性向上」と「紙に縛られない柔軟な働き方の選択肢」
の実現を目指します。

(五十音順)

募集中!
賛同企業・団体募集

「紙に縛られない働き方」プロジェクトは、社会全体で業務のペーパーレス化を推進することにより、生産性向上と紙に縛られない柔軟な働き方の実現を目指しています。活動の輪を広げ、社会全体のムーブメントへと発展させるべく、賛同企業・団体を募集しています。当プロジェクトへの賛同を検討されている企業・団体様は、以下よりお問い合わせください。

  • ご賛同にあたり、協賛金等の費用は発生しません。

参加規約

本賛同規約は、株式会社ラクス(以下「当社」という。)が主催する「紙に縛られない働き方プロジェクト」(以下、「本プロジェクト」という、)に賛同する企業に適用される規約(以下「本規約」という。)であり、本プロジェクトに賛同する企業又は団体は、本規約に同意の上、本プロジェクトに参加するものとする。

第1条(賛同条件)

本プロジェクトにおいて、賛同企業・団体(以下、併せて「賛同企業等」という。)は、以下のいずれかの条件を満たす企業又は団体とします。

  1. 1.
    紙に縛られない働き方の実現のため積極的に本プロジェクトに関与する活動を行っている又は行う予定であること
  2. 2.
    紙に縛られない働き方の実現に関与する自社サービスの提供を行っていること
  3. 3.
    前2号に掲げるもののほか、当社が本プロジェクトの賛同企業等として適格性を有すると認めたこと

第2条(申込み)

  1. 1.
    賛同企業等は、本規約に同意の上、当社所定の手続きに従い本プロジェクトへの賛同を申し込むものとする。
  2. 2.
    前項の申込み対し、当社が承諾した場合、当該承諾の意思表示をなした時点より、当該申込み企業は、本プロジェクトの賛同企業等の資格を得るものとする。なお、前項の申込みに対し、当社がその裁量により、不適当と判断した場合は、当該申込み企業に対して賛同企業等の資格を付与しない場合がある。
  3. 3.
    賛同企業等は、前項の資格を得ることにより、本プロジェクトへの賛同企業等であることを表明することができるものとする。

第3条(本プロジェクトの登録期間)

  1. 1.
    賛同企業等による本プロジェクトの賛同期間は、本プロジェクトの継続している限りとする。
  2. 2.
    賛同企業等は、当社に対し、当社所定の申し出をすることにより、いつでも賛同企業等の資格を取り消すことができる。

第4条(賛同企業等の義務)

  1. 1.
    賛同企業等は、本プロジェクト名で発信するプレスリリース、特設ページ、イベント及びこれらに準ずる媒体において、賛同企業等の名称及びロゴを掲載することを同意するものとする。
  2. 2.
    賛同企業等は、賛同企業等が行ったTwitter内での本プロジェクトに関連するツイート内容及び署名時のコメントに関し、当社及び参画企業・団体(以下、併せて「参画企業等」という。)が、本プロジェクト以外に媒体を問わず掲載及び転載することについて同意するものとする。

第5条(資格の取消し等)

  1. 1.
    当社は、賛同企業等が以下の各号に該当した場合、賛同企業等の資格の取り消し又は当該賛同企業等の投稿データの削除・訂正の請求を行うことができるものとする。
    1. (1)
      本規約に違反した場合
    2. (2)
      本プロジェクトの社会的信用を毀損する行為に及んだ場合
    3. (3)
      情報漏洩、犯罪行為その他法令若しくは社会道徳に反する行為を行い、又は関与した場合
    4. (4)
      その他活動実績が認められない等当社が賛同企業等として不適格と認めた場合
  2. 2.
    前項により当社に損害が生じた場合、賛同企業等はその一切の損害を賠償するものとする。

第6条(成果の権利)

本プロジェクト活動又は遂行において生じた成果(スライド資料、特設ページ、プログラム、写真、映像等をいうがこれらに限られない。以下「本件成果」という。)の所有権、著作権(著作権法第21条から第28条までに定める全ての権利を含む)、その他財産的権利は、賛同企業等が個別に創作した成果にかかる権利及び第三者に留保される権利を除き、すべて当社に帰属するものとする。

第7条(プロジェクトの遂行遅延及び中断)

  1. 1.
    当社は、賛同企業等に事前に通知することなく、本プロジェクトの内容の一部もしくは全部の変更、延期、中断又は中止することができるものとする。
  2. 2.
    前項の場合において、本プロジェクトの変更、延期、中断、中止により、賛同企業等が損害を被った場合であっても、当社は当該損害について一切免責されるものとする。

第8条(機密保持)

  1. 1.
    当社及び賛同企業等は、本プロジェクトの履行に際し知りえた相手方の機密情報を、第三者に開示、 漏洩し、又は賛同契約履行以外の目的に使用してはならないものとする。ただし、次の各号の情報はこの限りではない。
    1. (1)
      開示を受けた際、既に自ら所有していたもの。
    2. (2)
      正当な権利を有する第三者により秘密保持義務を負うことなく開示されたもの。
    3. (3)
      開示を受けた際、既に公知又は公用であったもの。
    4. (4)
      開示を受けた後、自らの責めによらないで公知又は公用となったもの。
  2. 2.
    前項に関わらず、当社は、本プロジェクトの履行に際し知り得た賛同企業等の機密情報(但し、個人情報を除く)を、参画企業等に提供できるものとする。
  3. 3.
    第1項の義務は、賛同契約終了後も引き続き効力を有するものとする。

第9条(反社会的勢力の排除)

  1. 1.
    賛同企業等は、過去、現在及び将来にわたり、反社会的勢力(暴力団、暴力団員、暴力団員でなくなった時から5年を経過しない者、暴力団準構成員、暴力団関係企業、総会屋等、社会運動等標ぼうゴロ又は特殊知能暴力集団等、その他これらに準ずる者をいいます。)に該当しないことを保証し、及び暴力的行為、詐術・脅迫行為、業務妨害行為等、法令に抵触する行為又はそのおそれのある行為を行わないものとします。
  2. 2.
    賛同企業等が前項に違反した場合には、当社は、事前に通告することなく賛同企業等の資格を取り消すことができる。これにより違反した賛同企業等に生じた不利益又は損害について、当社は一切の責任を負わないものとする。

第10条(損害賠償)

本プロジェクトの遂行に際して、賛同企業等に損害が生じた場合においても、当社は一切の責任を負わないものとする

第11条(本規約の変更)

当社は、必要と判断した場合には、賛同企業等に予告することなく、本規約を変更することができるものとする。

第12条(合意管轄)

本プロジェクト及び本規約に関する争訟については、東京地方裁判所を、第一審の専属的合意管轄裁判所とする。

プロジェクト発足発表会

紙に縛られない働き方プロジェクト
説明資料

  • 資料が表示されない場合はこちら新規ウィンドウで開く

参画企業3社と中小企業庁
トークセッション

運営企業

主催企業 株式会社ラクス
共催企業
(五十音順)
株式会社ビズリーチ
弁護士ドットコム株式会社
楽楽精算
モニター募集
フォームはこちら

お問合せ先

当プロジェクトに関するお問い合わせは、以下事務局までご連絡をお願いいたします。

「紙に縛られない働き方」事務局rseisan-branding@rakus.co.jp

TOP